素行調査

主に配偶者や婚約者、恋人や自分の親もしくは子供、お見合い相手、家族の交際相手、会社の社員(部下)、新規取引先の経営状態(法人や店舗)など、関係のある人であれば素行調査の対象となり依頼することが可能です。

素行調査は文字通り、対象者が普段どのような行動をしているかを尾行・張り込み調査をして調べます。ドラマなどでも見られる探偵業としては代表的な仕事です。素行調査では対象者の生活状況を把握できるため、例えばギャンブルにはまっている…。ナイトクラブへ通っている…。他の異性交遊がある…。いかがわしい友人関係がある…。消費者金融への借り入れなど未来への不安要素につながる隠している事柄、悪い癖を徹底調査し証拠をつかみます。

調査事例にはこういうケースも

素行調査では法人依頼の案件もあります。これは、あるシステム会社様の幹部より退職予定の上級エンジニアの素行調査でした。この社員は、自社開発のいくものシステム案件に絡んでおり、同業他社への情報漏洩の不安要素があったためでした...。また、別の案件依頼では食品製造会社の部長さんから、退職する社員についての類似した調査のなどもありました。このように企業においては開発や製造などにかかわるノウハウやデータなど門外不出なものもありますが、これらが同業他社へ渡ってしまった場合、大変深刻な問題になることは言うまでもありません。また、昨今では顧客データを売却するなどの個人情報流出などもあります。「信じていたのに」「まさか?」では通用しませんし、これらは企業倒産につながる懸念もあります。安心と信頼を保持するためには必要経費として事前の定期調査も重要です。

メール無料相談はこちらからどうぞ